TOP | 過去日記

kiyomaro's diary

この日記はフィクションです。
hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.5

先月 2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
予定 Link

    2014年02月24日
    さくらい@京成立石
    ゑびす@四ツ木
    2012年12月29日
    中山うどん店@名古屋
    ミッドランドスクエア@名古屋
    大名古屋温泉@名古屋
    大甚本店@名古屋
    酒肆 蘭燈@名古屋
    コメダ珈琲店 エスカ店@名古屋
    2012年12月20日
    さくらい@京成立石
    ルージュ@京成立石
    2012年12月17日
    ラーメン二郎、環七 一之江店@一之江
    さくらい@京成立石
    ゑびす@四ツ木
    けんけん@京成立石
    2012年12月15日
    稲毛屋@千駄木
    さくらい@京成立石
    2012年12月12日
    さくらい@京成立石
    ゑびす@四ツ木
    元咲@京成立石
    2012年12月10日
    さくらい@立石
    ゑびす@四ツ木
    2012年12月08日
    かき小屋@松島
    阿部屋食堂@花泉
    八仙@仙台
    源氏@仙台
    光のページェント
    かん@仙台
    2012年12月07日
    3HAPPY DAYS!!!@TOKYO FM HALL
    2012年12月06日
    だらんま@浅草
    おがわ@浦和
    ゑびす@四ツ木
    さくらい@京成立石
    はじめて@京成立石
    2012年12月04日
    さくらい@京成立石
    しんしん@京成立石
    2012年12月02日
    皇居、桔梗門周辺
    ゑびす@四ツ木
    2012年12月01日
    丁子屋@静岡、丸子
    久能山東照宮
    ビールのヨコタ@静岡
    ぽん吉@静岡
    たこ八@静岡
    多可能@静岡
    藍@静岡
    北海@静岡
    狸の穴@静岡
    Blue Label@静岡
    gravity@静岡
    らーめん矢吹@静岡
    2012年11月29日
    目の付けどころが、シャープでしょ。
    さくらい@京成立石
    さくらい@京成立石
    2012年11月27日
    うちだ@新小岩
    さくらい@京成立石

    2012年12月04日(火) [n年日記]

    #1 [居酒屋] さくらい@京成立石



    ゴールド。



    イシモチ刺し。



    シルバー。



    O常氏。

    #2 しんしん@京成立石






    2011年12月04日() [n年日記]

    #1 G-Emotion FINAL 〜for you〜@幕張メッセイベントホール



    後藤真希さんの実質的な引退コン。浜松の人と、富士の人をロムりつつ3時間。

    2〜3曲しか知ってる曲はなかったけど、やっぱり「華」があるよね。魅せる。
    ハローで育った人の中では、後藤さんと松浦さんが抜けてます。持ってるスキルも。
    後輩たちが束になっても敵わないし、今後、超える人も出ないんじゃないかな。
    (勝ち負け・良い悪いと、好き嫌いは全く違うわけですけどね。でも後藤さんは好きですよ)

    これまでは山あり谷あり、というよりも今は谷が続いているようですが、
    今後は少しでも上向いて行くことを願ってますよ。12年間お疲れ様でした。

    というわけで、而今を鱈腹呑んだ翌日から体調を崩しておりまして、
    本日は回避できないため這いつくばって行ったわけですが、案の定、悪化させてしまいました(涙)
    頭痛、咳、悪寒、鼻水、腹下し、etc、暫くは酒場へ行ってるどころじゃありません…。

    セットリスト

    01.宝石
    02.What is LOVE
    03.Lady-Rise
    04.Get Your Way
    05.月影
    06.YOU
    07.PARADISE
    08.ガラスのパンプス
    09.EYES
    10.Non stop love 夜露死苦!!(綾小路 翔)
    11.Believe
    12.ねぇ、、、
    13.華詩
    14.Fly away
    15.Queen Bee
    16.スクランブル
    17.Fake
    18.愛言葉
    -MC
    19.足跡

    アンコール
    20.SCANDALOUS
    -MC
    21.LOVEマシーン(ドリームモーニング娘。)
    22.lalala

    ダブルアンコール
    23.with...
    -MC
    24.盛り上がるしかないでしょ!

    2010年12月04日() [n年日記]

    #1 師走の三島ツアー



    土日庵で昼酒を嗜み過ぎた反動で、あやうく三島を寝過ごすところでしたが、
    辛うじて下車。というわけで本年最後の三島ツアー。

    まずは、この街へ何度も訪れていますが未訪だった三嶋大社へ。
    紅葉が終わって葉も落ち、静かな境内をゆっくりと散策。
    話しに聞く桜や金木犀で賑わっている時期にも訪れてみたいな。

    拝殿でおこなわれている神前結婚式、赤の他人の新たな門出を祝った。
    時折、通りの合間から富士が見える。夕日を浴び鮮やかだった。

    その後、三嶋大社から田町〜広小路〜JR駅前と路地を散策。
    この街は第二次大戦の空襲を受けてないし、また再開発・区画整理もされてないので、
    昔ながらのウネウネと曲がりくねった路地が多いのよね。

    この先に面白そうな呑み屋はあるかな?と、
    赤提灯に釣られながら、ひたすら歩きまわった。

    #2 [居酒屋] 末広@三島




    定宿で仮眠をとり、シャワーを浴びてから夜の街へ。
    一軒目は、何度かお邪魔している「末広」、国分寺跡の前の路地ですね。

    キリンの大瓶、鮪のブツでスタート。
    その辺りのスーパーで売ってそうな、昔ながらの赤身が店の雰囲気にマッチしてます。

    御主人は72才になられたそうだ。来年一杯で店の営業許可が失効するので、
    それを機に店を畳むとのこと。「体力が持たなければ、その前に止めるよ」

    三々五々集まった高校時代のお仲間たちと、奥の座敷で同窓会の打ち合わせが始まった。
    女将さんから1970年代〜80年代の賑わっていた三島の街、この店のことを伺いながら、
    湯豆腐、目刺しをアテに菊源氏の燗。ポツポツと来る客、皆さん馴染み。そして高齢。

    こうして消えていく市井の居酒屋って、日本中に多いのでしょうね。
    というより、もうほとんど消えたか。三島の街もシャッターが降りたままの店が多かった。

    この店に残された時間も後わずか。御主人と女将さんの昔話を聴きに、また伺いたいな。

    #3 [居酒屋] こうの@三島



    二軒目は、マックスバリューの向かいにある「こうの」。
    古くから続く酒屋だったけど、片隅でいわゆる角打ちを始め、
    それが居酒屋に発展し、本業の酒屋は止めてしまったらしい。

    そう言った意味では「鍵屋」や「シンスケ」ではなく、
    「倉井ストアー」の方向に近いですな。
    入口にある冷蔵庫から勝手に缶ビールやチューハイを持っていき、
    カウンターの惣菜をとり、テーブルでダラダラ呑むスタイルです。客層はディープ。

    で恐る恐る周囲の客を観察しながらテーブルに相席させて頂き、
    煮物を突きながらよく分からないテレビのバラエティー番組をを見ていると、
    「ニーチャン!何度か来てるだろ!」
    「いえいえ笑、初めてですよ…」
    「ウソつくな!」
    とか無茶苦茶な話を酔っぱらってる常連らしき人からフラれますが、
    それが逆に話しやすい空気を作ってくれましてね。

    常連がどんなキャラか一人ひとり紹介してくれたり、
    聴いてもいないのに細かい家族構成まで教えてくれるw

    唯一まともそうな身なりの紳士からは、
    「次に来たときは、三島の会員制居酒屋とかもっと濃い店を紹介してあげますよ」との一言。

    どこに連れられていくか、ちょっと怖い気もしますがw 未知の世界を覗いてみたいような。
    こちらのお店、朝9時から夜8時頃までの営業。朝から呑みたい猛者は是非。

    #4 [居酒屋] 浅間茶屋@三島



    三島駅前の定宿から「YUMOTO」へ行く際、必ずこの店の前を通るので、
    前から気になっていたんですけどね、営業している記憶はあまり無い。通るのが遅いからか?

    本日は、21時前頃に通ったら店の灯りが点いていた。
    初めて暖簾を潜った。先客はゼロ。

    創業は昭和18年。祖母・母・娘と三代続いたらしい。
    娘といっても、当代の女将はもう70前後の御年に見えた。

    白雪の燗、小鉢のお通しがたくさん出てくる。カシラとシロを頂いた。
    女将が生まれ育った頃の古い三島の話を聴く。

    富士山の伏流水が街中に溢れ、今とは比べものにならない水量だったとか。
    駅の北側にできた工場群が地下水を汲み上げ、街の様子が一変したそうな。

    雪で白くなった山肌に、夕日を浴びた富士山が美しかったですね。
    「子供の頃は、山があるのが当たり前で何とも思わなかったんですけど、
    一度、街を離れ生活して、またこの街に帰ってきたら、あぁ良いな、
    山の有難さ、しみじみ感じましたねぇ」

    座敷を見ると、女将の自宅で呑んでるような気分が味わえそうな卓だな。
    もし次の機会があれば、あそこで白雪の燗をちびりちびりとやりたいものだ…。

    #5 [居酒屋] 裏庭@三島



    コミックバスターの裏、薄暗く細い路地の先に赤い提灯が。
    こんなところに居酒屋があるなんて、気付く人はそうとうキテますよ?

    フラフラっと引き寄せられる。中から、活気のよさそうな喧騒が聴こえてくる。
    そうそう、今夜の三島は今まで見たことのないくらい人で溢れかえってたな。忘年会シーズン開始か?

    とりあえず、えいやっと引き戸を開けると、以外に広い。そして清潔。
    正面にカウンター10席、右手に4人掛けテーブルが2卓、その奥に座敷が2卓。

    先客はカウンターに3人、7人ほどの団体さんは案の定、忘年会の二次会でテンション高め。
    客層は皆さん30代前半、私とほぼ同じ。全て男。しかも体育会系。むさ苦しい。

    それを御す女将、一人で店を切り盛りしているそうだ。
    しかも盆暮れ正月も休まず、年中無休。居酒屋定番メニューや鍋、串と一通り揃っているな。

    カウンターに腰掛けると、隣の人から何か石鹸の良い匂いがするとな思ったら、
    近くの「国際」で風呂に入ってきたらしくママさんに突っ込まれてるw

    見てると、常連がオシボリを出したり生ビールを注いだりと積極的にお手伝い、
    というよりもママさんにアゴで使われてる。M客にはたまらんシチュエーションじゃなかろうか。

    ニヤニヤしてると、自然と隣の国際さんからこの店のシステムやママさんのこと、
    そして三島の街についてあれこれ聴いてた。

    高校を出てから15年ほど東京で仕事をしてたけど、最近になって故郷に帰ってきた。
    やっぱり故郷、この街が好きだなと実感している。鰻は「うな繁」がオススメとかね。

    故郷ね…、自分の育った街には寂れた団地と川と土手しかない。
    何も無い街だったな。離れて3年ほど経つけど、愛着もそれほど…。
    豚バラ串でレモンハイをやりながら考え込む。

    とりあえず、非チェーン系でいつでもやっている店が見つけられたのは有難い。
    しかも妙にツボにハマッたし。チューハイを煽りながらママに弄られにまた来よう…。

    #6 [BAR] 穂影@三島



    今年の7月にオープンしたばかりのバーへ。
    三島の情報は逐次チェックしているので気になっておりました。
    最初は入口が見つからずグルっと一周してしまいましたが、あったあった、ガラスの扉を開けると…。

    スッキリとして余計な装飾が無く、暖色系の間接照明が落ち着いた雰囲気を醸しだしている店内ですね。
    クラシックが程よい音量で流れている。ブビンガの大きな一枚板を使ったカウンターは5席、テーブルが2卓。
    若いマスターがお一人で営まれているんで、このキャパがギリなんだろうね。

    テーブル席から聴こえてくる話しからすると、
    この街でヘアメイクやファッション系のクリエイティブな仕事をしている、
    いわゆる流行や情報に敏感な若者たちの交流会か。

    サイドカー、ホワイトレディーと個人的定番をオーダー。

    マスターの成長と、店が三島の街に馴染んでいく過程を見届けていく、
    そんなところが愉しみ方の一つってところでしょうか。定点観測しよっかな。

    そろそろYUMOTOへ行こうかな、先ほどはカウンターが満席だったんですよ。
    失礼しました、時間潰しに使わせてもらったというわけでもないんですけどね。
    「電話で確認しましょう、…お名前は?」と、ちょっとした心遣いが嬉しい。
    ○○と伝えて頂ければ分ると思います。←ちょっと得意気にwご馳走様でした。

    #7 [BAR] BAR YUMOTO@三島



    午前零時過ぎに入店、いつものようにカウンター右端の特等席に案内される。
    有難いことでございます…。といっても本日は合い客ゼロ。私だけ。貸し切り状態。
    先ほどの混み具合はどこへやら。珍しいこともあるもんですね…。

    一杯目は季節のフルーツを使ったカクテルから、
    だいだいを使ったショートカクテルを清美さんにオーダー。
    ジンベースで、ホワイトレディーのレモンをだいだいに変えた、みたいな。

    窓外の景色、夜に包まれた森や源兵衛川を見ていると、
    あれ?目の前の木に20センチくらいのサンタさんがしがみ付いてますよ?

    「店内に、いかにもクリスマスっというデコレーションはやらないんです、
    パリへ行った際に買ってきた、あの木をよじ登っているサンタの人形だけで、さりげなく…。
    でも、何年も使っていたら左足がもげてしまったんです(笑」

    二杯目はモスコミュールをマスターにオーダー。生姜の絞り汁たっぷり。
    「うちは、ジンジャーエール、ジンジャービールを使う場合、かなりパンチを効かせます」
    ちょっと記憶に無いインパクト。いやこれは病みつきになりそうですよ?

    先ほど、近くの裏庭って居酒屋に入ってみたんですけど、ママさんや客層が面白い店でしたね。
    「ウラバって読むんですよ。ママさんがチャキチャキで(笑、中学の同級生のお母さんです(笑」

    フラっと入った店のママさんと、こちらのマスターの繋がりを聞くと、
    狭い街だからそんな偶然もありえるかなとも思いつつ、
    なんとも言えない巡り合わせや縁の面白さに唸る…。

    他、最近行った地方のバー、面白いカクテル、余市蒸留所、
    夫妻が行ったアイラ島の話など取り留めなく…。

    小一時間ほどの滞在でしたけど、私の後に客が来る気配なし。
    こちらは午前2時までの営業。まだまだ時間がありますけど、この辺りで切り上げますか。
    次は正月三が日のどこかで、三嶋大社へ初詣、その後に訪問かな?

    #8 丸竜@三島



    国際ヘルスをチラっと覗いてからいつもの〆ラー、丸竜。
    たいして美味しくないんだけどw 癖になっちゃう正油ラーメンとママさんで華麗に終了。
    撃沈ではありません。

    三島の呑み屋街をこれだけ歩き回ったのは初めてですけど、
    面白かったですね〜。地元の人々とたっぷりお話でき、懐に飛び込んで逝けたからでしょうか?
    未知の店に勘で入るってことも最近は少なかったのでドキドキワクワクイベントだったのかも。

    2003年12月04日(木) [n年日記]

    #1 出張

    片道4時間の高速バス出張。

    往路

    新宿 08:00 → 飯田 12:00

    チャーシューメン

    復路

    飯田 18:30 → 新宿 22:30

    やられました。

    背中と腰が痛いっす。グロッキーです。ゴロッキーズではありません。

    以上、4 日分です。
    タイトル一覧
    カテゴリ分類
    Powered by hns-2.19.5, HyperNikkiSystem Project